アメリカに自動車時代が訪れた1926年に建設が決まり、イリノイ州シカゴとカリフォルニア州LAを結ぶ大幹線道路が1938年最後の舗装が終わり完成しました。これがルート66です。

 ルート66は、ミシシッピ川の巨大な中西部農業用盆地の北部一番端にある大都市中心部、イリノイ州シカゴのミシガン湖の岸に沿って始まりました。
 シカゴはすでに東海岸の大都市と接続していました。そこからこのルート66は、イリノイ州、ミズーリ州そしてカンザス州の端を横切り南へ向かいました。最終的にカルフォルニア州へ入る前に、オクラホマ州で西に曲がり、テキサス州北部、ニューメキシコ州、そしてアリゾナ州を通り細長く横断しました。ルート66はロサンジェルスのサンタモニカ海岸で終わりました。別名マザーロードとも云われます。

 現在では、旧国道66号線(Historic Route 66)として、国指定景観国道(National ScenicByway)に指定されています。

Route66と呼ばれるこの国道にはいくつかの別名があります。
 1.The Great Diagonal Way
  国道66号線が創設されたとき、他の国道とは異なりその一部、シカゴ・オク
  ラホマシティ間を斜めに結んでいたことからこの名がつけられました。
 2.The Main Street of America
  Route66のプロモーションに使われました。国道40号線も同様宣伝されま
  したが、Route66のほうがより成功を収めたようです。
 3.The Mother Road
  ジョン・スタインベックの小説、「怒りの葡萄」の中でこのように呼ばれ、この
  国道の別名として定着しました。
 4.The Will Rogers Highway
  1952年にUS Highway 66 Associationによって「公式」な別名として定めら
  れました。

 延長は2347マイル(3755km)で日本橋→鹿児島が1469キロ、日本橋→札幌が1156キロです。鹿児島を発ち、東京経由で札幌まで走り、更に東京まで戻って3781キロですからいかに長い距離がおわかりでしょうか。

Route66は下記の8州を通っていました。
 1.イリノイ州
 2.ミズーリ州
 3.カンザス州
 4.オクラホマ州
 5.テキサス州
 6.ニューメキシコ州
 7.アリゾナ州
 8.カリフォルニア州

 文字通りアメリカのメインストリートとして人々に愛されたルート66も、高速運転可能でかつ大量輸送のできる道が必要になった1985年に現在のインターステートハイウェイにとってかわられ、その役目を終えて地図の上からもその名前が消えました。
しかし、現在でも「ルート66」の道路標示は残っていて、旅行者が多く訪れています。

 当時の雰囲気が色濃く残っているのが、カリフォルニア州とアリゾナ州です。そこを走りました。HISTORICの標識が、とても印象的でした。
 その最西端のサンタモニカ Santa Monicaから、ところどころフリーウェイを走ってルート66沿いの街を訪ねてみました。

アメリカ大自然紀行


Route 66のこと。


ルート66を走ってきました。

このようにところどころにルート66の標識があります。

    本物だあぁぁぁぁぁぁぁぁ

Santamonica
Venis Beach
Marina Del Rey
Beverly Hills
Hollywood
Universal Studios Hollywood

★LA County

★Route 66

■サンタモニカ Santa Monica

■ニューベリー・スプリングス Newberry Springs

■オートマン Oatman


■セリグマン Seligman

■ウイリアムズ Williams

■NHKTV映画「ルート66」


■テーマソング ルート66

 Route66の廃線後、道路は様々な形に転用されました。沿道の多くの都市では、道路は州間高速道路を補完する通勤道路(business loop)となりました。州道、郡道、市町村道、そして私道となった部分もあります。現在でも、ルートの80%以上は車で走ることができます。

★NHKの「世界ふれあい街歩き」で「アメリカ ルート66を行く」を放映していました。

★Meteor Crater

★Petified Forest National Park

Sedona

Yosemite

★アメリカ横断 MotorCycle Journey

★Sedona

★Jerome

★Mariposa Glove

★Yosemite

★Yosemite Rock Climbing

★Cars

★Others