前のLog 2

2005.11.11(金) Up Load

■その昔、中国北辺に老人(塞翁)がいました。老人は馬を飼っていましたが、その馬は敵地に逃げてしまいました。「なんて不運なこと」と人々が話していたら、逃げた馬は立派な馬を連れて帰ってきました。老人の息子がこの馬を飼いならそうとしましたが、落馬して足が不自由になってしまいました。その後、戦が始まり若者たちは徴兵されて大半が死んでしまいました。老人の息子は足が不自由だったので出征を免れ生き延びました。
 幸運だと思っていたことが不幸につながり、不幸だと思っていたことが幸運になる。人生何が起きるか分からないと云う「人間万事塞翁が馬」の逸話です。誰しも失敗や挫折を経験します。しかし、そこから学ぶことも多いのです。不運の後にはチャンスが訪れることもあります。心に何か楽しいことを見つけながら、何事も前向きに考えて生きていたいと思いますがいかがですか。

■メールアドレスに必ず入っている「@」はアットマークと呼びまますがこれは和製英語だそうです。英語ではat symbolとかat signだそうです。国によって様々な呼び方があって、「カタツムリ」「ゾウの鼻」「サルの尻尾」「耳」「(生地を巻いた)お菓子」など、見た目から連想した名前で呼ばれることが多いようです。

■英国の男性医師集団3万4千人を50年にわたって追跡し、たばこと寿命の関係を調べた研究結果が、2004年に英国医師会誌に掲載されました。喫煙者は非喫煙者に比べて、寿命が10年短かったそうです。18歳からたばこを吸い始めた人が30歳で禁煙すると10年、40歳で9年、50歳で六年、60歳でも3年の寿命を稼げることが示されました。
 この研究は、50年続いた疫学研究というだけでも非常に珍しいそうです。しかも対象がすべて男性医師です。人一倍健康に対する関心が旺盛で、禁煙を勧める医師なんです。
 私は18歳から35歳まで吸いました。父親が58歳でガンで亡くなったのが禁煙のキッカケでした。
 禁煙後、たばこの影響がなくなるのは10〜20年後。「早めの禁煙を!」と云ってます。   <朝日新聞 2005−5−1>

■そのM氏の失敗談の続きです。
 「在職中、プロジェクターを使ったプレゼンテーションを聞いていて『ねえ、画面のフォーカスが甘いヨッ!』って指摘したら、他の人達が『いえ、合ってますヨッ」と云うんだそうです。結局自分の目が老化していたことに気がついたそうです」・・・
これも面白いですね〜。

●正しい読み方は下記です。
 口分田(くもで)さん、太平落(おでらおとし)さん、大戸(ねぎ)さん・・です。

前のLog Topへ