前の Log

2006.05.26(金) Up Load

■周囲の迷惑も顧みず自分の経歴を披瀝したり、それを云って横暴な要求をする、“ワガママおじさん”と思われている人はいませんか?。

 小学校の運動会の徒競走で、判定をめぐってビデオカメラの映像を持ち出してイチャモンをつける大手企業の管理職の話を聞いたことがあります。また、公民館の会議室の予約時に、「オレは○○電器の部長してたんだ、予約を優先させろっ」と云ってはばからない人もいるそうです。いずれもまた聞きですから真偽のほどは定かではありません。でもどこにでもいそうですよね。
 実は今、かなりタチの悪い団塊世代の“ワガママおじさん”が増えているようですヨッ。

 団塊世代のお父さんたちが、いよいよ定年を迎えて仕事を辞めた後、趣味として参加したボランティアや生涯教育の講座などに参加するのはそれはそれでいいと思います。ただその場で自分の知識や学歴・経歴などをひけらかし、輪を乱してしまう人がいるんですね〜。

 この“ワガママおじさん”になりやすい人は、勤めていた会社で役員を務めていたり、もしくは部長など管理職についていた人が多いようです。特に多く見られるのが、ボランティアや地域活動の場などですが、このような場で「この会議の進め方はおかしい・・」と云ったり、「自分は以前どのような仕事をしていたか、そこでどのような立場だったか・・」を力説する輩がいるんですね。こんなことは全く重要ではないし、、ただの自慢話しにすぎません。

■しばらくの間、Mさんシリーズです。
 上毛高原駅で東京までの切符を自動販売機で買いました。私は1万円を入れて切符を購入しました。M氏も同様に切符を買うらしい。 私がそこを離れようとしたら、「よっ、切符が出てこないよっ」と云います。よく見たらM氏は5千円札一枚しか入れていません。東京駅までは5,250円です。自動販売機は正直だ!


さん、甕さん・・名字です。読めますか?
                   
   答えは・・
  畷さんは「なわて」、甕さんは「もたい」と読みます。
  畷は漢字変換が可能です。

 会社から社会にでればまったく平等です。若い人も年配の人も男性も女性も・・。こうした輩には相手にしないのが一番でしょう! このような“ワガママおじさん”たちは、いずれ気が付くはずです。
 
 大事なのは「ボランティアや自治会等の地域活動を、会社などと同じ組織ではなく、まったく違う性質を持った集団なのだ」ということをよく理解して参加することが大切だと思いますヨッ。

前のLog Topへ