前の Log

前のLog Topへ

2008.04.16(月) Up Load

バスに乗ろうとして自宅にある時刻表を確認してからバス停に向かいました。しかしその時間にバスが来ませんでした。
 10分ほど過ぎてバスが来ました。運転手に「○○分のバスが来なかったんだけど!」と云いました。運転手が時刻表を見て「お客さん、それは休日用の時刻です」
人は勘違いが多いです!


和さん、兼次さん・・名字です。
 ・・読めますか?
    答えは次号の「前のlog」です。

■物忘れについて
最近、「あれどうしたっけ・・」とか、「あの人の名前はなんだっけ・・」とかすぐに思い出せないことが多々あります。何か用があって台所に行ったけど、「さて何をとりにここに来たのか?」もそうです。加齢により体力が落ちたり、動作が鈍くなったりするのと同様に、脳の働きも少しずつ低下しているんですね。
 年を取ると記憶力が減退する、加齢による悩みの代表格と言っていいかもしれません。加齢にともなう自然な記憶力の低下なんです。
物忘れはどうして起こるのでしょうか。
 記憶には「短期記憶」と「長期記憶」があります。外界刺激のうち、注意を向けた物は脳に取り込まれ、一時的に保存されるものが「短期記憶」で、短期記憶のうち、特に意味を考えたり繰り返し学習したりすると、その記憶は固定されて長期的に保存されます。これが「長期記憶」です。
 良性物忘れは、長期記憶に保存されている必要な記憶がうまく引き出せないもので、悪性物忘れ(認知症)は短期記憶はできても長期記憶ができないものです。特に一回体験の記憶ができないのが特徴です。
 体験したことの一部分が思い出せない「ど忘れ」は、認知症に直接移行することはなく良性の物忘れで、新しいことが覚えられないで起こる物忘れが認知症につながる悪性の物忘れとなります。
 悪性の物忘れは、同じ事を何度も聞いたり、質問したり、自分が話したことを忘れ、何度も同じ話をしたりします。特に日付や場所が覚えにくくなり、進行すると体験したこと自体忘れてしまいます。
 「脳はトレーニング出来る・・」と東北大学の川島教授の言葉です。それは「音読と簡単な計算」だそうです。・・続く

■以前、温泉で風呂上がりに廊下を歩いていたら「ご主人、羽織を裏返しに着ていますよっ」と親切に教えてくれたお兄さんがいました。「ありがとう!」と云いましたが、そのお兄さんは帯をヘソ周りの上で締めていました。もうちょっと下の腰回りでしめるとカッコいいんですけど・・

◆難解名字◆
今回の苗字もそうは難しくないと思います。

座親さん、砂金さん
 ・・なんとお読みするのでしょう!
    答えは

難解苗字一覧のページへ