面白情報

メールの基本!

HDD状態チェックフリーソフト

フリーソフト 窓の杜

Yahho!知恵袋

HDDの構造

Open Office(フリーソフト)

PCお役立ち情報

PCお役立ち情報

レジストリ・クリーナー

@宛先のインプット時、確実に送信相手か確認してクリック。
一覧の中から選択し相手先をクリックするが、間違いないように。

ACC、BCCを使い分ける。
★CCはCarbon Copyの意味。
「こういう内容のメールを<宛先>さんに送りました」ということを伝えたい人のメール アドレスを入力する」
CC指定したアドレスがすべて、受け取り側に表示される。このため、CC機能は他人のメールアドレスが意図せず流出する原因ともなるので、使用には注意が必要である。
(メールアドレスの所有者がせいぜい友人同士である場合は、オーケー)

★BCCはBlind Carbon Copyの意味。
多数の相手先に同文を送信する場合にこの欄に入力する。この欄に入力すると受け手は誰と誰に送信されたかは不明。一般的にはこちらを使用する。

B件名を具体的に書く
日付や会議の名称など本部のないようがイメージできる
件名を付ける。「ところで・・」とか「こんにちは〜」では開封を後回しにされる。

C冒頭、結びの挨拶を忘れない。
メールはつい簡略になりがちだが、「お世話になります」などは必要。
結びは本文に対応した言葉で締める。

D改行と空白をうまく使う。
文字がびっしり詰まったメールは読みズラい。1行20〜30文字程度を目安に改行し、2〜5行文章が続いたら空白の行を入れる。

E箇条書きを多用する。
大事な用件でも長文だと読み飛ばされる。特に複数の用件を伝えたりいくつか質問する場合は箇条書きにすると読みやすい。

F結論から書く。
冒頭の挨拶の後はできるだけ簡潔に要点を伝える。

G添付資料がある場合は忘れずに添付としたか確認する。
 *資料の添付方法

H送信前に読み返す。
誤字、脱字、変換ミスがないかチェック。相手の名前に間違いがないか?

I大容量ファイルの送信には注意。
相手の回線環境は不明なので、写真や動画の添付には注意が必要。
圧縮したり、転送サービスを利用する。ちなみにskypeはかなりの容量のファイルの送信が可能。

J送信者の名前は見落とされないように漢字で判りやすく。
ツール→オプション→署名→作成→テキスト欄に記入

K送信者名には例「大橋健治です!」と受信者名を判りやすく!
ツール→アカウント→プロパティ→名前欄にインプット

L開封確認機能は使用しない。
不快感を感じる人がいるのは事実。使わないほうが良い。

M返信時に、受けたメッセージの削除。
メッセージ参照が必要な場合は残す。必要な場合は削除する。

N顔文字の使用。
親しい相手には使用してもOK。業務上のメールには使用しない。

OテキストとHTMLの使い分け。
HTMLは文字を太字・斜形・アンダーラインにしたりできる。
相手先のブラウザによってはHTMLはこちらの意図通り表示されない場合がある。
「メッセージの作成」→書式→リッチテキストorテキスト

P文字種の設定。
リッチテキストは「メッセージの設定」で変更可能。
テキストではツール→オプション→作成→フォントの設定でフォント・スタイル・サイズを設定しておく。

Q迷惑メールの排除。
受信トレイ→排除したいメールを選択→メッセージ→メッセージからルールを作成
→2.ルールのアクションを選択して下さい→サーバーからダウンロードしないにクリック→OK

R署名の作成。
★わかりやすい署名とする。
住所、固定電話番号、メールアドレスは必要ない。
メニューバーの[ツール]
    ↓
[オプション]を選択。
    ↓
[署名]タブをクリック
    ↓
[作成]ボタンをクリック
    ↓
署名の編集:[テキスト]に名前やアドレスなどを記入。
    ↓
[OK]をクリックして完了。

★署名を忘れないように「メッセージの作成」時に自動的にインプットする方法
メニューバーの[ツール]
    ↓
[オプション]を選択。
    ↓
[署名]タブをクリック
    ↓
□すべての送信メッセージに署名を追加・・をクリック

Sリッチテキストでは「フォントの設定」をしておく。
メニューバーの[ツール]
    ↓
[オプション]を選択。
    ↓
[作成]
    ↓
[フォントの設定]

「フォント名」「スタイル」「サイズ」を設定
※サイズは12が読みやすい!

検索上手

面白情報Topに戻ります。

お役立ち情報−C

PCお役立ち情報−1

PCお役立ち情報−2