お話の内容は、日頃近くをウオーキングしながら見ている子供達の姿、新聞やメディアからの情報について・・でした。これはあくまで私の価値観での見解です・・と前置きをした上でのお話でした。

 事例を申し上げますと、「夜9時過ぎにスーパーで子供達が親と買い物をしている・・」、新聞記事から「子供が暴力的になり、その原因はしつけをキチンとしていない・・」、またメディアからは「わがままな子供の食事」についてでした。

 これらの内容は、当HPに掲載されている「子供のわがままと食事」「寝る子は育つ」の内容とほぼ一緒です。約30分の基調提案でしたが、一言で云うなら「親業」をキチンとこなしましょう・・と云うことです。

 このあと約10名程度のグループに分かれて、基調提案をベースとした「語りあい」を行いました。さまざまな意見がだされ、大変参考になりました。

 尚、県の教育委員会からと浦安市の関係者も5名ほど出席いただきました。

グループ別「語りあい」です。

日の出小「語りあいの会」です。

皆さん、熱心にお聞きいただきました。

My Dialy Topへ

My Dialy

日の出小の「語りあいの会」の基調講演を行いました。

 11月12日(日)午後3時から、「語りあいの会」が開催され、私が基調提案を行いました。午前の研究発表会のあと開催されたもので、これは子どもの教育は、学校、家庭、地域との結びつき連携を密にせずには考えられないことから、子どもの健やかな成長を願い、地域との密着を実りのあるものとすべく開催されるものです。
 参加者は保護者 (参加希望者 PTA役員 お父さんの会) 、地域関係者(自治会 子ども会 青少年相談員・補導員 日の出コミュニティ わくわく児童育成クラブ 学習活動ボランティア)等々の方がが対象です。
 今回のテーマは「子どもの状況で気になること〜家庭・学校・地域の役割〜」と題して、私が日頃「気になること・・」をお話しました。

 現在ほど教育現場が話題になっていることはありません。特に「いじめ」が大きなテーマとなっております。これは地域も学校もすべて関わっている大きな問題です。何より大事なのは「家庭」ではないでしょうか?

 もう一度「親業」について見直してみませんか?

2006.11.12(日)

2006.4.16(日)

の日記です。

 

私は55歳で早期退職し、その翌日からパソコン日記をつけています。FMProで作成したデータベース式の日記です。これって便利ですし、新規をクリックすると日付の入った本日用の新しいページが開きます。
 子供のころ日記をつけた記憶がありますが、退職後約9年以上欠かさず続けています。感心感心!!
 このページは時折のTpicsをお届けします。