野辺山天文台に行ってきました。

My Dialy

天文台の公式サイトでは・・
   野辺山観測所について
   電波天文学とは
   画像ギャラリー
   研究成果 等々のサイトがリンクされています。

My Dialy Topへ

国立天文台野辺山に行ってきました。

 中央自動車道 須玉インターより国道141号線で清里方面へ約40分です。
清里〜野辺山間には標高1375mの「JR鉄道最高地点」があり、 野辺山駅は標高1345mの「JR線最高駅」となっています。そこから約5分です。

 国立天文台の野辺山宇宙電波観測所/野辺山太陽電波観測所(国立天文台野辺山)は、ミリ波帯(波長にして約1cmから1mmの電波)で世界最高レベルの観測能力をもつ45m電波望遠鏡やミリ波干渉計、太陽観測用の電波へリオグラフなど最先端の観測装置を備え、電波天文学の国際研究センターとなっています。国内はもちろん海外からも多数の研究者が訪れ、宇宙の姿を明らかにするため日夜観測・研究を行っています。
また、望遠鏡の維持や性能向上、さらに新しい観測技術・観測装置の開発も、年間を通し休むことなく続けられているそうです。(天文台HPより)

直径45m電波望遠鏡です。デッカい!

2007.5.2(水)

2006.4.16(日)

の日記です。

 

私は55歳で早期退職し、その翌日からパソコン日記をつけています。FMProで作成したデータベース式の日記です。これって便利ですし、新規をクリックすると日付の入った本日用の新しいページが開きます。
 子供のころ日記をつけた記憶がありますが、退職後約9年以上欠かさず続けています。感心感心!!
 このページは時折のTpicsをお届けします。

45m電波望遠鏡とミリ波干渉計
 駐車場に車を置いて、守衛所で届け出をするだけで敷地内の見学が可能です。一部事務所内に入ることも可能ですが、見学コースに従います。
 説明員がいるわけではありませんので、事前に下記サイトで確認してから見学すると良いです。

国立野辺山天文台

 画像ギャラリーでは、可視光の画像と電波による画像が並列で見られます。この差はなかなか面白いものがあります。一般的には可視光になじみがありますが、電波での画像もまた違った印象です。

 ジョデイ・フォスターの「コンタクト」と云う映画を思い浮かべました。是非一度訪問されたらいかがでしょうか?