2011年3月11日午後2時46分、三陸沖を震源とする大地震が発生し、宮城県栗原氏で震度7を記録した。浦安でも震度5強を観測するなど広い範囲で大きな揺れに見舞われました。

 新浦安でも大きな被害が発生しました。特にこの地区は2/3が埋め立て地であり、あちこちで液状化に襲われました。マンションには大きな影響がありませんでしたが、廻りが液状化で沈下してしまいました。
 マンション購入時いろいろ調査しましたが、40m下に砂岩で構成された岩盤があり、マンションはその上に乗っているので大丈夫・・との内容でした。但し、数十年かけて地盤沈下が起こり数十センチメートル
沈下する話でした。

 それが一気に地震で地盤が揺すられ、液状化のため路面が沈下してしまったのです。

What's New Topへ

What's New P17

新浦安大震災の写真集!

東日本大震災の影響が新浦安で発生しました!

 湾岸線から先は埋め立て地です。埋立方法は送管方式で、沖合からパイプで海水まじりの土砂を送り、護岸の内側に送り込むのです。此の地は千葉県企業庁が手がけたもので、本来は数メートルの盛土をして自然沈下を待ちますが、これをやらない場合があります。あとはサンドコンバクションと云って水を抜く余水処理をします。最近完成して供与されている羽田新滑走路はこの工法です。
 同じ新浦安でもケーヨーD2から先は液状化が見られません。


 水と土砂が吹き出しているのが判ります。「こんな話は聞いていなかった!」と云っている方がいますが、高額資産を購入する時は自己責任で十分に調査する必要があります。

 地震により我が家の室内はテレビ、本棚2、食器棚1等々が転倒し、足の踏み場もない有様でした。片づけに三日ほどかかりました。また、家具の転倒防止策を施し万全?の手を打ったつもりです。
 地震後電気・ガスはOKでしたが、水道の本管が破損、下水管も破損で2週間使用不可でした。
 

 マンション入り口です。60cm程の段差ができました
日の出公民館入り口。約30cmです。

ケーヨーD2横の歩道上の地震発生時の動画はこちら!

イトーヨーカ堂も約60cmの段差が発生!
明海大学校舎。80cm程度の段差発生!
マンション前の液状化!
団地内広場の液状化!
日の出交差点の液状化!-1
日の出交差点の液状化!-2
セブンイレブンが傾いています。
富岡交番が傾いています。
運動公園駐車場出口!
高洲住宅地!
高洲公園駐車場のマンホール浮き上がり現象!
高洲地区歩道のマンホール浮き上がり現象!
境川の護岸にズレが発生!
今川地区の電柱が大きく傾いて・・

 3月末現在、死者及び行方不明者は2万数千人と云います。又、家を失い仕事を失った方も多くいます。更に原発の問題も解決されていません。復興には多くの資金と時間が必要です。
 日本の底力は素晴らしいものがあります。国民みんな一つになって頑張りましょう!きっと素晴らしい未来が開けます。日本の力を信じています。

追記
■一週間ほどしてから友人からの電話が数件ありました。みなさん東北地方の被災地に関心が行ってて、浦安での出来事は知らなかったようです。前にも述べましたが、埋め立て地だけでなく、河川、湖沼の地盤のユルい地区も同じ現象が出ています。千葉県では我孫子市、香取市等でです。埼玉県でも同様現象が起きているようです。


■今度の地震と同じ震源地で西暦869年に「貞観地震」が発生しています。三陸沿岸から宮城県の名取市まで地層の調査によって堆積物の痕跡が残っているようです。
 この研究者が津波について警鐘を発していたようですが、政府も東電も対応しなかったとのことです。東電はいままでも事故隠し、データ改ざん等、危機管理のオソマツさが気になっていましたが、案の定取り返しのつかない大きな事故になってしまいました。どのように保証していくのか・・大変きになるところです。

まるで除雪されてつみあげられた雪にような砂の山1!
まるで除雪されてつみあげられた雪にような砂の山2!

「貞観地震」についての研究者の発言はこちら・・

「貞観地震 Wikipedia」の詳細はこちら

自宅の被災状況はこちら!