What's New P3

「もんじゃ焼き」って知ってますかなっ?。美味しいんですよ〜。はじめに、もんじゃ焼きを知らない人のために‥

 もんじゃ焼きとは、小麦粉を大量の水で溶き、それをソースやしょうゆで味付けします。さまざまな具を入れるのが今では一般的ですが、具のベースは多くの場合はキャベツ。お好み焼きに比べるとその液体はかなり薄いので、鉄板の上で焼いても固形にはなりません。

 鉄板の上で、薄く伸ばして、ある程度水分を飛ばし、フツフツと云っているところを小さなヘラで掻いて口に運びます。このヘラにも種類があって、金属製と木製がある。大橋宅ではホツトプレートでもんじゃをやるので、木製を使ったほうが傷が付きにくいのでそれを使っています。

 西日本、特に関西にお住まいの方あるいは出身の方には特にお断りしないといけないと思いますが、もんじゃ焼きとお好み焼きとはまったくの別ものですね。お好み焼きを薄くして延ばしたように思わないで欲しい。ぜんぜん別物です。

 しかし、もんじゃ焼きは元来、美味しさを追求するというよりは、下町のコミュニケーション・ツールのひとつであって、気の置けない仲間と鉄板を囲んで小さなヘラで少しづつ掻きとって食べるのが楽しい食事なのです。

 仕事で下町の会社に勤務したことがあります。今ではほとんど見かけなくなった駄菓子屋で今でもときおり見かけることができます。この会社に勤務していた社員に誘われて時々もんじゃを食べに行きましたが、彼ら(彼女ら)は実に上手にもんじゃを作ります。
 このページをご覧の皆さんは知ってますか?。何が美味しいって、鉄板で薄茶色にコゲた部分が一番美味い!!。これを作るのはやや年期が必要です。彼ら(彼女ら)はいとも簡単に作ってしまいます。やはり環境がそうするのか、あるいは子供のころから作っていた経験がそうさせるのか?。

 我が家でも時々もんじゃを食べます。小麦粉を水で溶きますが、この時にだしの元とか、鶏がらスープの元を若干溶いてから小麦粉を混ぜて溶きます。基本はキャベツ!。これはなるべく細かく刻んだほうがいい。この方が食べ易い。具は様々です。
 和風味ならシーフード等を中心にベビースターラーメンとか、紅生姜とか、きりいかとか、揚げカスとか、いろいろです。場合によっては茹でたごぼうも入れる。それとおろしたにんにくを入れると又これがいいですね。味付けは醤油ベースがうまい。但し塩味が濃くならないように注意が必要です。
 洋風の場合は挽肉とか豚バラ肉を入れます。それとこれにとろけるチーズを混ぜるとこれが又美味しい。味付けはソース味がいい。大橋宅ではカミさんが具を用意し私が制作担当です。

 そんなもんじゃ焼き、今では東京都の月島地区が有名だが、最近観光地化されたという感じが否めません。先日も知り合いと月島でもんじゃを食べました。
丁度昼時で結構混んでいました。
「うんっ??」「中学生が多いなっ??」
「君たちは今日は何?」
「修学旅行です」
「どこから来たの?」
「宮城県の石巻です」
「へえ〜っ」
中学生が店のおばちゃんを捕まえて何か聞いている。
「すみませ〜ん、もんじゃの由来を教えて下さい」
おばちゃんが店が混んでいるにもかかわらず、丁寧に教えています。

 このもんじゃ焼き、江戸時代から下町に伝わる庶民の食べ物ですが、その由来は「文字焼き」から派生したという説があります。お母さんが子供に文字を教えるのに、鉄板の上でこの薄い液体を文字の形に伸ばして、「はい、これが『き』よ」なんていったのだという。ここから、もじやき→もんじゃ焼き、になったという説。

 もうひとつの説は、いろんなものを混ぜて食べるので、なんじゃもんじゃ焼きから、もんじゃ焼きになったという説。なんとなく、こちらのほうがもっともらしいと思いますが皆さんはいかがでしょう。

 最後に、もんじゃ焼きの作り方を。まず、有名な月島流では、どんぶりに入ったもんじゃの具だけを鉄板にあける。そこで、まず具をざっといためてから、それをドーナツ状に丸めていく。いわゆる土手作りで、その土手の中央に残った液体をざっとあける。決壊した箇所をヘラで修復しながら、中の液体がふつふつと煮えるのを待ちます。

 そして、頃合と見るやざっと具とその液体を混ぜ、鉄板の上に広げる。そこから、みんなで小さなヘラを持って、それを掻き寄せながら食べるのですが、周りの薄くなったところから食べるのが美味しい(コゲたところ)。大きなヘラで皿に取り分けて食べるようなことはしてはいけません。

 また、別の流派で、最近はすっかり月島に押されて邪道呼ばわりまでしている、町屋流を。(ちなみに町屋とは荒川区です)町屋流では液体も具も全部、ざーっと鉄板の上にあけてしまって、全部をいっぺんにいためてしまう。そして、薄く延ばして食べるのです。
ですが町屋流と云っても食べる人の好みでそうしているので、何てない話しです。
私は主にこの町屋とか尾久とかの近辺でもんじゃを食べましたが、それぞれでした。

 ところで月島ですが最近はマンションが立ち並び、往事の面影は大夫薄れた感じがしますがまだまだ懐かしい風景を残しています。路地が一杯あり、植木を沢山並べたりしている。そこを通るとその家の匂いが路地に流れ出して、何やら生活の一部が垣間見えてきます。

 そんな趣が好きで時折遠回りして路地を歩き回ります。そんな下町が好きです。

私の好きな「もんじゃ焼き」の話です。

月島近くの隅田川

下町の華、祭り風景

What's New Topへ

もんじゃの話しです。